思春期のニキビには炎症の具合から色で分けられる

思春期のニキビには炎症の具合から色で分けられる

思春期によく肌にできるニキビですが、実は種類があるのを知っていますか?

 

主に炎症の具合から色で分けられていて、全部で白、黒、赤、黄、紫の5種類に分けられています。

 

最初に黙視で確認できるようになった最も初期の軽いニキビが白ニキビといいます。これは毛穴に皮脂が溜まり始めた状態です。肌にプチっと白いニキビが出来たことがある方もいると思いますがまさにその状態のことを指すのが白ニキビです。
次に、もう少し時間が経ち毛穴に溜まった皮脂が酸化して黒くなります。これが黒ニキビという状態です。

 

通常この黒ニキビまででしたら、比較的簡単に治すことができます。

 

次に、毛穴に皮脂などがそのまま溜まり続け毛穴がふさがった状態が続く炎症を起こし赤くなります。これを赤ニキビといいます。これは、溜まった皮脂などの中でアクネ菌という菌が繁殖し過ぎてしまい炎症を起こした結果肌が赤くなった状態のことを言います。

 

通常アクネ菌は、肌に必要な菌なのですが増えすぎると上記のように炎症を起こしてしまいます。また、炎症を起こすため、赤ニキビは痛みが発生します。

 

次に、炎症がさらに進み膿を持ってしまうと黄ニキビと呼ばれます。

 

痛みも赤ニキビより強くなり、下手に膿を出そうとするとあとが残ってしまうので注意が必要です。最後に黄ニキビの膿の他に血も混ざると紫ニキビといいます。紫ニキビになってしまうと治った後もニキビ跡がかなりの確率で出来てしまうのでこの状態になる前に治療を行うのが望ましいです。これらの5種類にニキビは分けられます。

 

色がそのままなので分かりやすいですね。

 

ニキビの種類について紹介させて頂きましたがニキビの状態を色で分けられているのでニキビが出来たのに気がついた時は自分で判断することが出来ると思います。理想は黒ニキビくらいまでで治療すれば跡も残らずに比較的きれいに治すことが出来るので比較的早い段階での発見と治療を心がけると良いでしょう。

 

 

赤ニキビ以上になってしまった場合は炎症を押さえる必要があるので皮膚科で診察をしてもらい薬を処方してもらうことをオススメします。