大人ニキビは便秘が原因のことが多い

大人ニキビは便秘が原因のことが多い

便秘になるとニキビができやすい事をご存知ですか?ニキビには思春期ニキビと呼ばれるものと大人ニキビと言われるものがあります。

 

大人ニキビは成長期を過ぎている大人に見られるニキビの事で日常の生活に原因があると考えられます。ここでは便秘とニキビの関係について解説します。

 

大人ニキビは便秘が原因

 

普段の生活が大人ニキビをつくる原因でもあるのですが、便秘もニキビの原因になります。特に大人の女性にニキビができる場合は多くの場合は便秘が原因です。腸内の環境が正常な状態であるならば、不要な老廃物や毒素を外に排出してくれます。でも便秘になっていると腸内の働きが弱くなります。

 

すると段々と老廃物や毒素が蓄積され、血液の流れが悪くなります。毒度は血液を通って顔の皮膚上にも現れるのです。これがニキビです。便秘になりやすい人はニキビ対策のために便秘解消しなければなりません。

 

活性酸素とニキビ

 

人間は活性酸素を常に生み出しながら生きています。活性酸素が増えるとなんとなく体が疲れているなどの症状が出てきます。そして活性酸素は便秘から発生する事も分かっています。それも活性酸素はニキビの原因になります。便秘状態にある腸内にはたくさん悪玉菌が生息します。

 

この悪玉菌が活性酸素を生み出すと言われています。腸内環境が悪くなると、悪玉菌はどんどんと増えていきます。するとますます活性酸素からできるニキビがお肌に出現します。したがって対策としては悪玉菌を倒してくれる善玉菌を増やす事です。善玉菌はヨーグルトやチーズなどの発酵食品にたくさん含まれていますので、意識的に摂取すると良いでしょう。

 

また、便秘が長くなるとお肌に必要なビタミンも失われます。ニキビ対策の化粧品の多くの場合ビタミンを配合しています。大人になってできるニキビと便秘は強く結びつきがあります。特に女性の場合は便秘に悩みやすいですから、ニキビもできやすいでしょう。便秘にならないように普段の生活を見直すようにすると良いでしょう。