諦める前に!ニキビ跡クレーターに効くレーザー治療を!

諦める前に!ニキビ跡クレーターに効くレーザー治療を!

ニキビ跡クレーターで悩んでいませんか?人と対面する時に気になる。化粧で目立たないようにするにの苦労する。自信が持てず引きこもりがちになるなど。ニキビ跡クレーターがなくなればいいのに、と思っている人も少なくないでしょう。ここではニキビ跡クレーターをなくすレーザー治療について見ていきましょう。

 

ニキビ跡クレーターは自分で治療するのは難しい

 

ニキビ跡クレーターになってしまった場合は自分で治すのは困難です。といって皮膚科に行っても保険適用内の治療ではあまり期待はできません。ではどうすればいいかというと皮膚科で保険適用外の自費治療をするか美容クリニックで自費治療するのがよいでしょう。

 

ニキビ跡クレータのレーザー治療とは

 

レーザー治療というのは、特定の波長の光を患部に照らして、光と熱のエネルギーを利用する事で症状を改善しようとする方法です。痛みはありますが、治療時間は短いですし、出血もしないです。さて、レーザー治療にはどんな種類のものがあるのでしょうか?

 

まずは炭酸ガスレーザーがあります。この特徴は水分に吸収されやすい波長のレーザーを当てる治療という事です。クレーターの角を削り、新たな細胞の生成を促進して肌を内側から盛り上げクレーターを目立たないようにします。レーザー後の皮膚はかざぶたになりますから、2週間から3週間ぐらいは、軟膏の塗布などで患部を保護します。

 

他にもクールタッチレーザーなどもあります。これはレーザー光線を照射すると同時にマイナス30度の冷却ガスを噴射するレーザー治療です。このやり方はかさぶたや腫れなどはありません。他にもフラクショナルレーザーもあります。この方法は肌に無数に小さい穴をあけて皮膚の入れ替えを行う方法です。

 

レーザー治療のデメリットとは

 

やはりレーザー治療のデメリットは、痛みがある事と一時的な色素の増強と炎症性色素沈着でしょう。痛みがあるとはいっても、レーザーをする前に冷却したり、麻酔で痛みを抑える事もできます。ニキビ跡クレーターで悩んでいる人はメリットとデメリットを考えてレーザー治療を検討してみてもいいかもしれません。

 

また、あくまで毎日のケアでニキビを治したいという方にはメルラインがおすすめです。